甘い考えでいた自分に猛省しました ?>

甘い考えでいた自分に猛省しました

風俗嬢になる前は、楽してお金を稼げて羨ましい職業だわと思っていました。メディアでも、一日に十万円以上稼ぐ風俗嬢なんて人も出ていましたので、そのようなイメージが強かったわけです。
一方の私は、専門学校を卒業後に就職した会社では手取りで10万円少々。朝から晩までストレス塗れで働いてこの金額では、さすがに心が折れてくるというものです。そしてやがて仕事への情熱を失い退職、20代前半で無職へとなりました。

その時に再就職の当てはありませんでしたので、また一からの就職活動です。当時は結構投げやりだったので何もかも面倒に感じ、ふとその時に風俗嬢になってお金を稼げばいいじゃないかという考えが頭に浮かんだわけです。

こうして私もデリヘルの風俗嬢へと転身をしたのですが、初日からすでに自分がいかに甘い考えだったのかを知りました。お客さんが満足をしてくれないのです。
これは私の技術面というよりも、人間性に魅力が乏しかったからだと今になって思えば分ります。しかしあの時は「若い女が奉仕してくれるっていうのに何が不満なのよ」と思っていましたね。

当然そのような考え方だったので、新規のお客さんは来てくれてもリピートでは来てくれません。これでは稼げるものも稼げませんよね。
当初は日に十万円は行かなくても、数万円は行くだろうとタカをくくっていました。しかし実際はその何割も稼げない日々が続き、やがて自信を失ってしまったんですよね。

それ以降は色々な人にどうするべきかを聞き、色々な書籍を読んで勉強をし指名も取れるようになりました。
今になって思うのは、日に十万円以上も稼げる風俗嬢は凄いということです。恐らく一般企業でもかなりのやり手になるのではないかなと思いますね。甘い話は無いということです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です